FC2ブログ
fc2アクセスランキング

2013'04.12 (Fri)

たいせつな おともだちへ

60_5011.jpg





『 ひとりごと 』


ここ数日

ずっと ずっと 泣いてた  わたし

まったく ことばが 出せなくなってしまった わたし


アタシの どこが 歪んでいるのか わからなくて

探しても よく見つめ直しても 答えが 見つからない。
 

ことばを 出すこと じたい

緊張してしまい 不安に なってしまった わたし






b0187865_0412111.jpg





わたしの言葉は 

ひとを 愛する 言葉なのか 


それとも 

ひとに 愛されたくて 

好きな人の 気を引く

優しい声を かけてもらいたい

『 媚びている 』 言葉なのか





051029_chihiro_021.jpg




頭が ぐちゃぐちゃで

はじめて じぶんの ことばが

ひとの こころに どう伝わるのか 

考えた 数日だった。

怖くて 苦しかった~。


考えても  さっぱり 分かんないから 

考えるのを や~めた (^^)♪





わたしは 

友達  大切に想うひと  

大好きなひと  愛してるひとに 


飾らずに 素直な こころで

キモチを 伝えた。





blog_import_512f494b7ef591.jpg




アタシは ひとから

『 媚びているように 』 

『 好かれたいと思われるように 』

『 愛されるように 』

『 愛想がいいように 』 

『 八方美人のよう 』


そう 思われても いい。 (o^-^o) OK!


ことばに 相手を想う キモチや

こころを こめたことを 

わたしが じぶんが いちばん よく知っている

だから  (=^ェ^=) オーライ!






E38090EFBC95E381.jpg




大事なひと だから

好きな ひとだから 


アタシを 好きになってほしい ひとだから

アタシを 気に留めて ほしい ひとだから


そのひとに 愛情があるから
 

媚びるような 気を引くような 

感じの言葉になるのは

自然なこと だよ。 (o^-^o)





500-508_ap1.jpg





波長が 合わない人は いるよ。

だって ちがう にんげん だもの。


わたしを 受け入れない人は いるよ。

わたしも 好きになれない人が いるんだもの。


ひとの ことばで つらくて 泣いちゃうことも あるよ。

そのひとを 理解したいって 想ってるから 涙でちゃう。



 

tihiro211.jpg




くよくよしたり

どこが だめなんだろ~う って


自分の 弱さを 探す 時間

泣いて うずくまる 時間


その時間から なにも 生まれるものはない。


涙で ぐたぐだに なり

笑顔に しばらく なれないかな~と

想ったけど (^^)♪


こういう 考えにゆきついた。






img_1173082_36279000_11.jpg





傷ついた 言葉は

忘れない ほうが いい。


忘れたほうが いいという 意見が 多いが 

わたしは そうは 思わない。


ぐさっと こころを 突き刺すような

マイナスな言葉の 持ち主に

近寄らない 関わらない 理解しようと しない方がいい


じぶんが そのひとと 同じような 言葉を 

使わないように

わたしの こころを 守るためにも

わたしの 教訓にする (^^)♪


どんな 教訓なのかは ナイショ  (o^-^o) 






この 『ひとりごと』 削除しようと 思っていたけど


自分の ことばに 自信を なくしたとき 

こころに 雨が 降り止まないとき


いつでも 読み返し

こころに 虹をかけるために

そして

前に 進んで ゆくために 

ここに 書いて おこう。 






バラと少女




さあ~

いっぱい 泣いた分 

愛で いっぱいにしよう。


よし! \(*^▽^*)/


アタシ ふぁいと~!





1354098177_photo2.jpg





とても こころが 沈んで

もう ひとを 想う 言葉が 書けなくなったら

どうしよう


大好きな 歌を 詠めなくなったら

どうしよう


泣きながら 一通の 手紙を 書き 送りました。


いろんな キモチを 文字に まとめてゆくと


朝になり カーテンを開けると


雲ひとつない とても 美しい 青空が 広がっていました。


(o^∇^o)ノ  本当に きれいな 朝だったんだ。 d(^▽^*)






たいせつな おともだちへ 


キミに 手紙を 書いてよかった 心配をかけちゃった。  


わたしの 話しを じっくり 聞いてくれるひとが いてよかった。  


わたしに ひとを愛することの 

優しさと 哀しさ 厳しさを 教えてくれた

映画 『 愛、アムール 』  ありがとう   \(*^▽^*)/


そして、

こころを  やさしく包み  癒してくれた

いわさきちひろ さんの 

愛にあふれた たくさんの 絵画に
 

感謝のキモチと

こころをこめて☆   

2013.04.12

ふみえ



268_img_1_o (1)





  

テーマ : 幸せになる考え方 - ジャンル : 心と身体

タグ : アタシへ

07:04  |  お知らせ ★  |  EDIT  |  ↑Top

2013'01.18 (Fri)

きょう、1月17日に。

追悼2013



1995-1-17 阪神・淡路大震災から 

18年、、、

こころから、亡くなった方の、ご冥福をお祈りします。


地震や、天災が、起こる前、

事前に、早く予知できるように、

研究者の人たちが、いつも見守ってくれていることに、感謝します。


ありがとう☆彡 (*^ー^*)


そして、国、県・市で働く人たちが、

安全で、正しい情報により、

非難を指示できるように、

ライフラインを整備してくれていることにも、改めて感謝っ。(o^-')b


いつも、ありがとう。

これからも、ぬかりないように、よろしくお願いします。m(_ _)m





1995-1-17 この日は 京都にいました。

当時、わたしは、高校生で

通うはずだった 大学の面接試験の 2日前でした。


試験は中止となり、延期され、

ちっと、帰宅するまで、心細かった。





高校は、カトリック系だったので、

キリスト教徒でなくても、

聖書を暗記する授業があり、

駅で、ホテルで、みんなで、手を握るように言われ、

不安になると、、、


だれかが、朝礼のお祈りの言葉を、

ぼそぼそと、小声で言っていた。


親に猛反対され、この大学には、行けなかった、がっくし。

写真は、野口聡一さんのツイートから、頂戴しました。(^_^)





途中どこか、場所は忘れたけど、

たくさんの人が、迎えに来てくれ、

いっぱい抱きしめてくれた。


母さんは、心配して、疲れた顔をしていた。


久しぶりに思い出しちゃった。(o^-^o)



テーマ : 防災・命の尊さ - ジャンル : 学校・教育

タグ : 阪神・淡路大震災

02:07  |  お知らせ ★  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'01.30 (Fri)

ゾウ VS. 晴れ男

    雨の日も、晴れ男      夢をかなえるゾウ
 


水野 敬也さん(著)の

雨の日も、晴れ男』 という本を 読みました。

2時間で読めて、あっさりとした、くすっと笑える小説です。
 
水野さんの 『夢をかなえるゾウ』 は、ベストセラーになる前に、
本屋で見つけて、買って読みました。


この 『雨の日も、晴れ男』 は、

『夢をかなえるゾウ』のような、

自己啓発的な本ではありません。




簡単に、ストーリを説明すると、

二人の幼い神が、

いたずらで、

ひとりのおとこに

不幸な出来事が、次々と、起こるようにします。

だが、この男、

会社をクビになろうとも、

家が焼けようとも、

妻子が出ていこうとも、
  
常に、他人を楽しませ、

前向きに、生きていきます。

めちゃくちゃ、ポジティブな考えを持ち、

どんな不幸も、不幸とは思わない、

超プラス思考で、生きる人間なので、

非現実的ですが、

なかなか夢のある話だと思います。
 

読むなら、前向きな、おもしろい本がいい! (o^-^o)



テーマ : こんな本を読んだ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 面白くない本 VS 面白い本

23:56  |  お知らせ ★  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'01.27 (Tue)

キュレーター!?

空中ブランコ   
  きょう、 『空中ブランコ』 という本を読みました。
  第131回、直木賞を受賞している作品です。
 
  ストーリーは、精神科医・伊良部のもとに、
  おかしな患者たちが訪れる
  という内容です。
 
  軽くさらっと読めて、おもしろいです。
  短時間で、一気に、読めました。 \(*^▽^*)/
 







どんな患者さんが登場するかというと、

例えば、

人間不信で、うまく飛べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、

尖端恐怖症になったやくざ、

義父のカツラを剥ぎたい精神科医などです。

Dr.伊良部の性格や診察!?、
行動がとても破天荒で、

患者さんと一緒に解決!?していくというか、

患者さんを巻き込んでいって、

最後は、一応めでたし解決するという、

面白くて、元気が出るストーリです。 (^^)♪

 


 
空中ブランコの中に、

“キュレーター”という、職業が出てきます。

キュレーターとは、どんな仕事だろう?

『ウィキペディア(Wikipedia)』 によると、

「キュレーター (curator) とは、

欧米の博物館 (美術館含む)、
図書館、公文書館のような資料蓄積型文化施設において、
施設の収集する 資料に関する研究を行い、
学術的専門知識をもって、
業務の管理監督を行う専門職、管理職を指す。

・・・日本の学芸員に類似するが、
キュレーター職は 学芸員より高い 権限を有する。」

また、他のHPによると、

「キュレーターは、展覧会の企画者・プランナー・プロデューサーとしての
重要な業務を担う」




新しい言葉と出会うと、
インターネットで、
すぐに検索して、詳しく調べることができるから、

情報化って、便利で、すごくいいなと思いました。 (o^-^o) 




テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : くすくす笑える一冊

23:35  |  お知らせ ★  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |