FC2ブログ
fc2アクセスランキング

2009'11.20 (Fri)

一滴の 水滴のような アタシ

ムラサキシキブ




  写真は “紫式部” の実です。
  
  『大阪市立長居植物園』 で撮りました。 


  ★『紫式部』という名前の由来  
 
  “紫式部” は、
  花よりも 実を楽しむ植物で

  別名 『実紫 (みむらさき)』  と
  呼ばれます。

  秋になると 木の枝に 小さな 丸い 

  紫色の実を たくさんつけます。

  その紫色の 実の美しさが 
  人々に 源氏物語の作者
  紫式部を 連想させ
  “紫式部”となったと 説があります。
 
 ◆ しかし、実際は。。。

  紫色の実を びっしりつけることから

  「紫重実、紫敷き実 (むらさきしきみ)」 と呼ばれていたものが

  いつごろからか むらさきしきぶ に変わったようです。

  「しきみ」 とは 『重る実=実がたくさんなる』 という意味です。





  ★ 私は、古典が好きです。

  源氏物語は 大好きです。 (o^∇^o)ノ

  小さい頃、いちばん はじめに 母親に買ってもらった 

  漫画で描かれた伝記が

  紫式部さん についての本でした。

  憧れの女流作家 紫式部の 名前の

  植物と 出会えて とてもラッキー★ でした。 (o^∇^o)ノ
     




    ★★ とても素敵で、大切な、言葉の宝物 ★★
 


   
   『 花ひらくとき 』

   どんなことも、
   機が熟さなければ、かなわない。

   いくら待ち遠しくたって、
   今は、待つしかない。

    いつか、かならず、
   絶妙のタイミングがやってくる。


   植物は、それを知っているから、
   見のがさないで 実を結ぶ。


   “あなた” という花が ひらくときは、

   かならず、やってくる。
 
   今は、準備期間のようなもの。

   楽しみに待とう。

   自分が咲く日は、

   いわれなくても、わかるから。

   
  < 宇佐美百合子(著) 「すべての優しい夜に」>






   最近 こころの中で よくつぶやく こんな弱音。

   「わたしの人生って こんなもんなのかな...

   毎日 生きてる時間が 長く感じる。
 
   朝がきた。。。 早く夕方になればいいのに・・・」


   10代 20代 そして 30代と 

   年齢を重ねていくごとに

   人生のモチベーションが 小さくなっていき

   どんどんと 小さい世界で 生きている気がする。






   いまの 私の世界は 水たまり。

   突然 海に投げ出されたら 

   あまりの大きな世界に
 
   自分自身が ついてゆけず 

   不安と 恐怖に 苛まれる気がする。


   ちっぽけな私も 

   あったかい世界を 探している。
   
   自分の力を 活かせる世界を 見つけたいという 願いがある。

      
   
   宇佐美百合子さんの
  
   『花ひらくとき』 という詩は


   小さい世界で 小さく生きている 

   一滴の 水滴のような 私が

   大河を 夢見ることが できるような

 
   とても 前向きになれる 素敵な詩。 (o^-^o)




テーマ : 幸せになる考え方 - ジャンル : 心と身体

タグ : 凹んだときに

02:49  |  花の写真と、幸せになるために  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ポニョさんへ

ポニョさんへ

いつも、コメントありがとうございます★

>まずは現在の自分の立ち位置を地道
>に充実させて、次のステップにつなげて、発展
>させていくのだと考えたらどうでしょうか。
>今が次のステップの準備期間と考えてもよい
>でしょう。
>ただ、現在の自分の立ち位置で、あるレベル
>まで達成し、ある程度まで実績を上げていか
>ないと、次のステップによくつなげることができ
>ないと思います。

私の今の、小さい小さい世界で、
地道に自分の能力を高め、
ある程度まで実績を積み重ねていけていく
継続に力を入れようと思います。

>ポジティブな姿勢
>がその実現に加勢や手助けをしてくれると
>思いますよ。そういう意味でも、これからも
>ポジティブライフを続けていきましょう!

ポジティブな姿勢も、地道に続けていくことは
私にはとても大変ですが、
なるべく明るく笑顔で、
楽しい生活を送っていきたいと思います。

とても貴重なコメントありがとうございました。
ふみえ | 2009年12月07日(月) 21:57 | URL | コメント編集

whiceさんへ

 whiceさん、こんばんは。
 
 いつもコメント、ありがとう★

 > 僕は自然界にある青色がすきです。
  
 whiceさんは、色の中では青色が一番好きですか?
 
 > 人間にはない色で、空や海と同じ色だから憧れるんでしょうか。

 確かに、雲ひとつない青空や、美しい青い海の景色は
 とてもきれいで、すてきですよね。 

 > 植物のように、花ひらくときまで、大変でも毎日せっせと、
 >土から養分と水を吸い取って、準備をしていないといけないんだなって感じました。

 植物が土から養分を吸い取って成長するように、
 自分も毎日のふつうの生活の中でも、少しずつ、前向きに、
 マイペースで、自分のできる可能性を広げていきたいと思います。

 whiceさん、貴重なコメントありがとうございました。 



ふみえ | 2009年12月07日(月) 21:09 | URL | コメント編集

その3

小さい時は神童、天才と言われた人が、二十歳を
過ぎると只の人と言うことがあるけれど、それは
こういうことも関連しているのではと思います。

だから、年を重ねていくと、このようなことをだん
だんと自覚してきて、また、隣の芝生は青く見
える、よく見えるというような意識も次第に卒業
してきて、まずは現在の自分の立ち位置を地道
に充実させて、次のステップにつなげて、発展
させていくのだと考えたらどうでしょうか。
今が次のステップの準備期間と考えてもよい
でしょう。
ただ、現在の自分の立ち位置で、あるレベル
まで達成し、ある程度まで実績を上げていか
ないと、次のステップによくつなげることができ
ないと思います。

また、年を重ねていくと、いやがおうにも厳しい
現実を知らされても、いつまでも夢や希望は
強く持ち続けたいですね。強く思い込めば、
念ずれば、そして努力すれば、夢や希望は
叶うこともありますからね。ポジティブな姿勢
がその実現に加勢や手助けをしてくれると
思いますよ。そういう意味でも、これからも
ポジティブライフを続けていきましょう!

だから、今の現実をよく把握して、地道に
充実させていきつつも、ポジティブに、夢と
希望のイメージを描いて、それが叶うように
念じて、努めていくというスタンス、姿勢が
一番良いのではと思いますよ!
ポニョ | 2009年11月25日(水) 21:20 | URL | コメント編集

その2

そうですよね。だけど、それはほとんどの人がその
ように思っていることだと思いますよ。
小さい頃は、見る世界が狭いから、自分中心で
自分が大きく見える。年を重ねていくと、自分の
心身とも大きくなってきているはずなのに、見る
世界が格段に広がっていくために、相対的に
自分はごく小さくちっぽけな存在に見えてくる。
ポニョ | 2009年11月25日(水) 21:14 | URL | コメント編集

その1

>10代、20代、そして30代と年齢を重ねていくごとに、
>人生のモチベーションが、小さくまとまっていき、
>どんどん小さい世界でしか生きれなくなってきている。


ポニョ | 2009年11月25日(水) 21:04 | URL | コメント編集

準備

ふみえさん、こんばんは。

紫式部、きれいですね。
僕は自然界にある青色がすきです。
人間にはない色で、空や海と同じ色だから憧れるんでしょうか。
すてきな感じがします。
花で言うとスミレとか、あじさいとかですね。

機が熟す。
今日、僕も同じことを考えてました。
きっかけは全く違って、僕の場合は映画の「ロッキー」を観てですが。。。
いろんなチャンスがやってくるかもしれない。
そのときのために、準備をしておかなくては、チャンスがきても自分の力が出せずに逃してしまうんだろうなぁって。

植物のように、花ひらくときまで、大変でも毎日せっせと、土から養分と水を吸い取って、準備をしていないといけないんだなって感じました。
whice | 2009年11月21日(土) 23:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |