FC2ブログ
fc2アクセスランキング

2009'02.13 (Fri)

浅田次郎さんの、「仁」の精神とは。

水仙の花



  悲しいことに、
  仕事中、つらい気分になってしまいました。

  職場の 「ご年配の男性」 と、
  初めて話す機会があり、

  初対面で、会話で、

  「あんた、体重**kg以上ある?」と
  ニタニタしながら、興味本位に聞かれました。

  うまれて初めて、最悪の初対面です。
 
  私はひきつった顔で、
  「どうですかね?」とかわし、その場を、さっさと逃げました。

  すぐにその後、とても不快な気分になってしまいました。
 
  仕事をしていても、ずっと気にして、
  自分が情けない気分になりました。  o(T^T)o
 
  女性は、痩せているひとも、ぽっちゃりのひとも

  体型に敏感で、気にするものです。

  他人に触れられたくないのです。

  相手が気にしすような、失礼なことを言わないマナーは

  その年配の男性の、長き人生には、デリカシーがないのでしょうね。
 
  大変、お気の毒な方だと

  極力、近づきたくないです。 (^^)♪





僕は人生についてこんなふうに考えている   気分転換には体を動かすのが一番と思い、
   ウォーキングを25分、読書を15分しました。

   今日読み終わった本は、
   浅田次郎(著)の 
   『僕は人生についてこんなふうに考えている』 です。
   
   



 本の内容は、浅田次郎のこれまでの作品の中から、
 
 浅田次郎の人生を表した言葉だけを、一冊に集めたというものでした。

 浅田次郎の本は、『鉄道員(ぽっぽや)』 を読んだり、
 
 映画であれば、浅田次郎原作の作品は、たくさん観ています。
 
 これまで、観た映画は、

 「鉄道員(ぽっぽや)」、

 「オリヲン座からの招待状」、
 
 「憑神(つきがみ」、
 
 「壬生義士伝」、

 「地下鉄 (メトロ) に乗って」 です。





★ 浅田次郎さんの 『僕は人生についてこんなふうに考えている』

本の中で、勉強になったところをご紹介します♪


 

  「人間である限り <仁> の精神が必要だ」

  孔子の説くところの「仁」の精神。

  「仁」とは すなわち何かというと、
  これは キリスト教で言うところの 「愛」とは意味が違う。

  「仁」というのは 読んで字の如く、

  「人(にん)べん」に 「二」という字、

  つまり「二人の人間」ということ。

 

   常に人間というものは

  人間であるかぎりは、

  自分だけの立場で ものを考えるのではなくて、

  相手の立場に立って 考えなきゃいけない。



  これが、わかりやすく言えば、

  「 仁 」 の精神だ。





  「人生の時間は 思っているほど 長くない」

  ★ 生い立ちを嘆いている暇なんかないぞ。

  人生は おまえの考えているほど 長くはない。

  泣いたり 憎んだり 悩んだりする間に、一歩でも前に進め。

  立ち止まって振り返る人生は、
  けっして幸せになれないんだ


  ★ 「私の生き方。一瞬を大切にすること。
 
  未来を望まない。過去にこだわらない。

  自分が今ある この一瞬を、

  握った宝石のように 大切にすること。ただそれだけよ」


  ★ 私は、1日24時間のうち 8時間仕事をし、8時間寝て、

  あとの8時間を 自分の時間をすることが 理想だと思っています。

  が、よほど気をつけない限り、

  誰でも 1日に2、3時間はボ~ッとした時間を 過ごしてしまうものです。
  
  しかし、その2時間なり 3時間なりを

  自分の時間に組み込んだとしましょう。

  毎日2時間ずつ ひとつのことを続けたとしたら、

  人間 何だってできる ものです


  そう思いませんか?






  読み終わって、こころがとても落ち着きました。
  
  午後からは、まったく嫌なことを忘れて、

  仕事に集中することが できました。 ♪(* ̄ー ̄)v



  

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

タグ : 凹んだときに

23:44  |  花の写真と、幸せになるために  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

Re: 普通は聞かないものだよ

Lさん、おはようございます ~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

> まったく何てこと言うんだ!って感じだよ。普通は女性には聞かないものだよ。それが常識だよ。
> 嫌な気持ちになったでしょうね。

おじさん、おばさんの中には、本当に平気でぐさっとくる言葉をいう人がいます。
ぐさっと来たけど、若い人ではなくて、お年寄りに言われたから、軽症ですみました。

> でも、それを反面教師にして、「言動には気をつけよう」と考えれたふみえさんは尊敬です。そうやって「人の振り見て我が振り直せ」ってやっていけばいいと思います。

自分が嫌だと思うことは、自分が他人にしない!!とても大事なことですよね。

> これこそポジティブライフ!!

ポジティブ・ライフ、崖っぷちスレスレなところで、継続中です。
ふみえ | 2009年02月15日(日) 10:46 | URL | コメント編集

Re: No title

すれちなさん、おはようございます。 (o^∇^o)ノ

> 気分の悪い思いをされたのですね…。
> つらかったと思います。

最近自分が太っていることを全然気にしていなかったので、
他人から自分はそんなに太ってみえるのかと思うと
歩くのが、恥ずかしくて、怖くなってしまいました。

> そのおじさん、許せません!
> 読んでその人にすごく腹がたちましたヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

ありがとう <(_ _*)> アリガトォ
その人に対して怒るよりも、その言葉にショックをあまりに受けて、
オロオロ悩んでしまったよ。

> でも現実的にいるんですよね、女性にそういうこと平気で言う人。あれは一体なんなんでしょうね。
> しかもそれをコミュニケーションとか勘違いしている困った輩(失礼)もいますからね。

びっくりするような失礼なことを言う人っていますよね。
そういうこと言う人って、周りからもいいイメージ持たれていないから、
失礼なことを言うのが挨拶代わりになってたりします。

> でもあんまり軽蔑すると職場だと仕事しにくいんですよね…。そんな輩を軽くながせるくらいに>なれたらいいんでしょうけど…。こころに余裕のない時はむつかしいです。

嫌な言葉を聞き流すことってなかなかできません。
こころにいつまでも残ってしまいます。
でも大切な時間をそんな、悪い言葉のせいで、振り回されるのは嫌だと思って、
こころを切り替えることにしました。

> うまく気分転換できてよかったです。やっぱり身体を動かすことはいいんですね。
体を動かして、散歩したら、頭が少しスッキリしました。

>痛みを負って、今日よりいっそう感じ、普段から言動には気をつけようと思いました。

自分が傷ついたときは、自分が他人には絶対しない!ってこころに決めています。
これも人生勉強です。

★すれちなさんが、その人に怒ってくれたので、スッキリしました。
本当にありがとう。
また、すれちなさんに、こころを癒してもらいました (^人^)感謝♪
本当にありがとう。
ふみえ | 2009年02月15日(日) 10:24 | URL | コメント編集

普通は聞かないものだよ

こんばんは。

まったく何てこと言うんだ!って感じだよ。普通は女性には聞かないものだよ。それが常識だよ。
嫌な気持ちになったでしょうね。

でも、それを反面教師にして、「言動には気をつけよう」と考えれたふみえさんは尊敬です。そうやって「人の振り見て我が振り直せ」ってやっていけばいいと思います。

これこそポジティブライフ!!
L | 2009年02月14日(土) 19:08 | URL | コメント編集

No title

ふみえさん、こんばんは。
気分の悪い思いをされたのですね…。
つらかったと思います。

そのおじさん、許せません!
読んでその人にすごく腹がたちましたヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
でも現実的にいるんですよね、女性にそういうこと平気で言う人。あれは一体なんなんでしょうね。
しかもそれをコミュニケーションとか勘違いしている困った輩(失礼)もいますからね。
私は真剣に、そういうことを平気で言う人を軽蔑してしまいます。
でもあんまり軽蔑すると職場だと仕事しにくいんですよね…。そんな輩を軽くながせるくらいになれたらいいんでしょうけど…。こころに余裕のない時はむつかしいです。
でも無神経な言葉ってすっごく嫌な気分になりますよね。そんな人のために、自分の一日の気分を悪くされたりするのはまったく迷惑な話です。
ふみえさん、大変でしたね。
昼休み、ちゃんと昼ご飯食べれましたか?
うまく気分転換できてよかったです。やっぱり身体を動かすことはいいんですね。

でもそんな嫌なことがあっても、
>痛みを負って、今日よりいっそう感じ、普段から言動には気をつけようと思いました。
って思えるふみえさんはえらいよ。
わたしも言動にはきをつけます…。
ちょっと激しい(?)コメントですいません…。
すれちな | 2009年02月14日(土) 18:07 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lovelecielbleu.blog9.fc2.com/tb.php/27-0133446e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |