FC2ブログ
fc2アクセスランキング

2009'02.16 (Mon)

新入りはつらいよ、サザンカな日 ε=( ̄。 ̄;)フゥ

Sasanqua.jpg


 
  サザンカの花です。
 
  昨日、いつもの公園で、ウォーキングをしている時に、
  撮影しました。

  この花は、周りの花と比べて、花の開き具合が
  小さかったので、咲いたばかりかもしれません。

  ★ サザンカの花言葉は、

  『困難に打ち勝つ』 『謙虚』 です。

  今日は、仕事で、

  「人は、常に謙虚であるべきだ」 ということを学びました。




  職場に、キレやすい女性が一人います。

  彼女は26歳で、社会人歴3年目。
  彼女は、3月末で退職するので 
  私は、一応、彼女から、仕事を引き継ぐことになっています。

  彼女の仕事ぶりは、まじめで、積極的ですが

  その反面、小さいことにお節介で、謙虚さに欠けており
  とても気が短いです。

  彼女は 仕事の説明をするとき、とても早口で話します。
  そのため、私は、聞きとることで、精いっぱい。

  彼女は、頼みごとをするとき、
 
  「暇だったら、これ、やっておいてください」 というのが口ぐせです。 (;-_-) =3 フゥ


  「暇ですよね?これ、やっておいてください」と言われたとき、
 
  私は両手いっぱい、仕事を抱えていて、
 
  「後でやるから、置いておいてください」 と返事したら

  彼女は、「お忙しいご様子なので、もういいです!!」 と怒って

  そっぽ向いて、席に戻っちゃた。

  そして、ご自分の、机の上を “バン!” と叩いて、憤っていました。

  
  短気な方は、お気の毒です。





君はそんなに弱くない  彼女が短気を起こすので、
  極力距離を置くようにしています。

  ひどく短気で、「虚勢」を張っている
  『彼女の姿』 を見ながら、

  秋元康(著)の 『君はそんなに弱くない』 の中の
  言葉を思い出しました。



  

  「短気は損気は本当です」

  自分の幸せも 不幸せも 
  すべて自分がつくるものなんです。
  
  気分がいいなあと思うのも、
  頭にきちゃうと思うのも、誰のせいでもない。

  人が幸せにしてくれるわけでも、
  人が不幸せをもたらすわけでもないんです。
 
  ・・・短気に怒鳴ったりして、それで 
  事態が好転することはないということです。
 
  怒りや憤りの感情があらわにするところには、
  何も生まれないんです。
 
  怒りは 突然の感情だから 止まらないといわれたら
  それまでだけれど、
 
  それで 何かが解決するかというと しないでしょう。
 
  怒りを発散して すっとしたかもしれないけれど
  何も問題は片付いていない。
 
  つまり、怒りというものは 何ももたらさないということです。

  ただし、怒鳴るのも、激怒するのも、
  爆発するのも、ふてくされるのも、

  それは すべて 自己満足です。
 
  たいていは 短気をおこして いい気分になんか なれません。
 
  一時的に すっきりするだけで、
  それ以上の後悔が あとからやってくるはずです。

  自分の感情のなかで、いいたいことをいってやったと、
  その瞬間だけ 満足するにすぎません。
 
  それに 怒りは責任がともなうものなんです。
  怒ったら 怒りっぱなしでは すまない。

  自分が 感情をぶちまけたことになってよって、
  人を失う、物事を台無しにする、
 
  そういった 代償を 必ず払わなくては ならないんです。

  短気は損気といいます。
  この言葉は正しいと思います。






  短気な方と、なるべく出逢わないようにしたい。

  かかわらないように 距離を置くのが

  いちばん 得策だと 想います。 (^^)♪




  

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

タグ : 凹んだときに

23:00  |  花の写真と、幸せになるために  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

Re: コメント欄へ新入りします!

ポニョさん、こんばんは★

> 確かに、「短気は損気」は本当ですね!私も「人の振り見て我が振り直せ」です!逆にそうい>う人に出くわしたら、私も「ポジティブ・ポジティブ」と唱えてうまくかわしたいと思います!

「短気は損気」は自分のことなら気をつけられるけど、他人の短気はやっかいです。
短気の被害をこうむっているので、ほとほと困っています。

コメント、ありがとうございました。
ふみえ | 2009年02月19日(木) 21:43 | URL | コメント編集

Re: うまく距離置いて

Lさん、こんばんは★

> うまく距離置いて...正解です。
> 相手の感情に巻き込まれないようにしてね。

距離を置いているのですが、
相手が、距離を近づけてきて、逃げようとしても
逃げられないように、回り込まれてしまっています。

> 風邪ひいちゃったのでちょっと短いけど、ごめん。

風邪ひいているのに、コメントしてくれてありがとう。
ふみえ | 2009年02月19日(木) 21:25 | URL | コメント編集

Re: ふみえさんはえらい

なつさん、こんばんは★

> 今日は仕事平穏に終わっていたらいいなあと思います。
ありがとう。
平穏に終わってほしいけど、現実は厳しいです。

> そんな理不尽な人の行動でふみえさんが嫌な気持ちをしたのに、今日のブログで「さんざんな>日」を「さざんかな日」とタイトルをつけたふみえさんは素敵。すごい。そういう生き方が素敵だ
>し、「私もそうなりたい」と感動しました。

「さんざんな日」と「さざんかな日」をかけたところをわかってくれてありがとう!!
さすが、なつさん。めちゃくちゃうれしかったです。

> 「よりよく生きたい」「人に優しく明るく生きたい」
> きっと誰もが思うことだけれど、社会には合わない人がいたり、意地悪な人もいたり、足をひっ>ぱる人も普通にいる。

どこの会社にも、煙たい人っていますね。その人と一緒にいると、空気が重いんだよね。
あ~あ、どこか悩みの少なくて軽いところに飛んで行ってしまいたい。

> 辛い気持ちを流してユーモアにするセンス、大好きです。 見習いたいです。

すみません、つらい気持ちをユーモアにできない状態になってしまいました。
なつさんに、たくさん褒めてもらったのに、情けない私。
またポジティブ・ライフいちからスタートです。
ふみえ | 2009年02月19日(木) 21:23 | URL | コメント編集

コメント欄へ新入りします!

確かに、「短気は損気」は本当ですね!私も「人の振り見て我が振り直せ」です!逆にそういう人に出くわしたら、私も「ポジティブ・ポジティブ」と唱えてうまくかわしたいと思います!
ポニョ | 2009年02月17日(火) 20:00 | URL | コメント編集

うまく距離置いて

こんばんは。

うまく距離置いて...正解です。
相手の感情に巻き込まれないようにしてね。

風邪ひいちゃったのでちょっと短いけど、ごめん。

L | 2009年02月17日(火) 19:27 | URL | コメント編集

ふみえさんはえらい

ふみえさん、今日もお疲れ様でした。
今日は仕事平穏に終わっていたらいいなあと思います。

大変な人がいるものですね↓
そんな理不尽な人の行動でふみえさんが嫌な気持ちをしたのに、今日のブログで「さんざんな日」を「さざんかな日」とタイトルをつけたふみえさんは素敵。すごい。そういう生き方が素敵だし、「私もそうなりたい」と感動しました。
辛いことをユーモアにかえる気持ちの転換が出来てるふみえさんはすごいよ。

「よりよく生きたい」「人に優しく明るく生きたい」
きっと誰もが思うことだけれど、社会には合わない人がいたり、意地悪な人もいたり、足をひっぱる人も普通にいる。

その中で「自分らしく生きよう」としても反感をもたれることも普通にあって、でも普通にある環境の中で「あの人が意地悪だから、私はこうなったんだ」と人のせいにしてしまう私がいます。

そんな風に思うより、嫌な人に影響されていつまでも自分が嫌な気持ちになるなんて「損」
「ポジティブポジティブ」と唱えて目の前の仕事に没頭するふみえさんは偉いと思う。
そうすると「腹立つ!!」という心も流れていったことでしょう。
なかなか出来ることではないです。少なくとも私はそう思うし、実は私はそう「気持ちを流す」ことを練習中です。

何度もいうけど、ふみえさんは偉い。
こんな風に毎日を積み重ねていくと、ふみえさんの将来には明るいものが待っていると思う。それは誰かがプレゼントしてくれるわけではなくて、日々のふみえさんが作りだした本との未来だと思う。

そしてお母さんはいつもふみえさんの側にいると私は信じています。ちゃんと側にいて「よし、よし、偉いね」って言ってくれてると思う。


辛い気持ちを流してユーモアにするセンス、大好きです。
見習いたいです。

なつ | 2009年02月17日(火) 09:34 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lovelecielbleu.blog9.fc2.com/tb.php/32-e7b5dc21

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |