FC2ブログ
fc2アクセスランキング

2016'08.25 (Thu)

貴方に届くよう ナミダの糸で 私の愛を織りましょう☆

暑中見舞い自筆はがき1_201608_fc2


手書きの葉書にて、
日頃の感謝のこころをこめて 

ご挨拶、申し上げます 






サギソウ_201608_fc2


だいじな人との、日々の、
「心のやりとり」の中で、

私の心に、織られていった、
人を愛おしく想う気持ちと、
私に広がった新しい世界を、

一本一本、コトバの糸で、
ていねいに、繋ぎ合わせ、
私の愛を織り上げます

ふみえ

サギソウ、花言葉 
「夢でもあなたを想う」





蛇の目傘_201606_fc2 


『 あめがふるとき蝶々はどこへ 』
メイ・ゲアリック 

あめ、あめ、あめ、
雨が降るとき、蝶々はどこへ行くのかしら?

小鳥は、翼の下に、頭を入れるんですって。
うちのネコは、玄関にさっと駆け込みます。
蛇は、岩の間にするすると滑りこめるでしょう。

でも、蝶々はどうするのかしら。
羽が濡れたら、飛べないでしょうに。

いったい雨が降るとき、蝶々はどこへ行くのかしら。

一部分本から引用

花菖蒲、蛇の目傘 
「優しい心」 





褄黒豹紋と女郎花_fc2_01608

褄黒豹紋、蝶々の一種と
女郎花秋の七草の一つ





「雨が降るとき、蝶々はどうするの」

ふみえ

あめ、あめ、あめ、
雨が降るとき、蝶々はどうするかしら?

カエルは、池から顔を出し、お歌を唄うでしょう。
蜘蛛は、露できらきら輝く巣を、満足げに眺めるでしょう。

蝶々は、お気に入りの大きな葉に、駆け込み、
そこで、ひと休みするでしょう。


小町娘_花菖蒲_fc2_201606


私が蝶なら、夏の日は、
雨は涼しく、心地よく、

向日葵の葉の裏で、スヤスヤ、
寝息をたてて、眠るでしょう。


カヤや菖蒲の葉に、雨宿りすれば、
夏の日差しでこんがり焼けた羽は、
葉っぱの油で潤い、とても綺麗!
嬉しいでしょう。

あめ、あめ、あめ、
雨が降るとき、あなたは、どうするのかしら?


花菖蒲、小町娘 
花言葉、優雅 





城ケ崎1_fc2_2016


愛のある風景は、
いつでも美しい。

美しい愛が、いつも、
幸せだとは限らない。


愛はいつも、
幸せと悲しみ
2つの顔を持っているから。

オ・スヨン 『 ラブレイン 』

紫陽花、城ヶ崎 
辛抱強い愛情 





姫紫陽花1_fc2_201606 


貴方に届くよう、
涙で空に詞を書きましょう。

蒼い夏空に、雨が降ったら、

貴方に会いたくて
ひとり涙する私を
思い出してください。

「 貴方を想い 」
カン・ウンギョン 詩





十六夜_花菖蒲_fc2_201606


織姫の 愁ひて流す なみだ川
渡河する男 深きあい哀し

ふみえ

花菖蒲、十六夜 

「あなたを信じる」





ムラサキカタバミ_fc2_201606


わたし
あなたのために、布を織るわ。

あなたの疲れた体を、
優しく覆う布。
あなたの汗を、ぬぐう布。
あなたを寒さから守る布。


一本一本の糸に、
わたしの愛をこめて。

里中満智子 『 海のオーロラ 』

ムラサキカタバミ 

「心の輝き」





春の海_花菖蒲_fc2_201606 

花菖蒲、春の海 

我住長江頭,
君住長江尾。

日日思君不見君,
共飲長江水。

此水幾時休,此恨幾時已。

只願君心似我心,
定不負相思意。

李之儀 『卜算子』、中国宋時代





鶴の毛衣_花菖蒲_fc2_201606


私は、長江の上流に、住み、
君は、長江の下流に、住む。

日々、君を想い、君に会えず、
共に、ここ長江の水を、飲む。


この水の流れは、いつ止むのだろうか。
この苦しみは、いつ終わるのだろうか。

ただ、私が願うことは、
あなたも、私のことを、
大事に想っていて欲しい。

お互いを、想い合わない日はないだろう。


ふみえ、訳 

花菖蒲、鶴の毛衣 





フラウトシコ_紫陽花_fc2_201607 

フラウトシコ、「元気な女性」 


みなさん、こんにちは。

暑い日が続いておりますが、

いかがお過ごしでしょうか。 


私は、少々の暑さに自信はある方ですが、
これだけの酷暑だと、暑すぎて参ります。


記事の写真の花は、
6月から7月にかけて、
広島市植物公園で撮影しました。

後半の記事の写真は、
8月5日・6日と、広島原爆の日に、

平和記念公園で撮影しました。 





カキツバタ_fc2_201606

杜若、花言葉 
「 幸せはあなたのモノ 」


梅雨に咲く花は、
青、白、紫の花が、多いです。


「ジメジメムシムシ」する空気が、 
花の色を、見ているだけで、

爽やかで、涼しい心地になります。


花って不思議!
優しくって、ありがたい 





ゴデチア_fc2_201606 

ゴデチア、花言葉 

お慕いしております。

今年の七夕は、晴れでした。
毎年、雨か曇り。とてもめずらしいです。
七夕が晴れると、朝から、
「織姫さんと彦星さんが会える」、嬉しい!

そう想ってしまうのは、きっと・・・、
私の心に「愛する人」「逢いたい人」「逢えない人」がいて、
人を愛する「切なさ」を、知っているからだ、って思います。





小さな祈りの影絵展1_fc2_2016

8月6日「小さな祈りの影絵展」
広島原爆ドーム横、元安橋にて






「母を恋うる歌」
福田須磨子

降る様に、綺麗な星月夜です。
今夜も眠れなくて、岩の上に腰下ろして見ています。

天の川が、広い帯の様に、
白っぽく、流れています。


天の川_薔薇_fc2_201606


幼い頃、縁台で、飽きもせず、繰返しきいた星の話・・・

ああ、お母さん!
こんな眠れない夜、
泣きたいような夜、

貴女が生きていたら、そーっと、
後ろから抱いてくれるだろうに。

だけど、所詮むなしい願い。

降る様に、星は瞬いていても。

『 長崎原爆詩集 』

薔薇、天の川 






フラウ・トシコ01_2016_fc2

紫陽花、フラウ・トシコ 

茨城のりこ
「 私が一番きれいだったとき 」

街々は、がらがら崩れていって、
とんでもないところから、
青空が見えたりした。


私が一番きれいだったとき、
まわりの人達がたくさん死んだ。

工場で、海で、名もない島で、
私はお洒落のきっかけを落としてしまった。


詩の一部引用




睡蓮01_201607_fc2


空を見上げるたびに、
私はこんなふうに思うのです。

いつか運命が、
いい方向へがらりと変わり、


この野蛮な戦争が終わりを告げ、
静かで平和な世の中が、
ふたたび戻ってくるに違いないと…。


『 アンネの木 』

イレーヌ コーエン=ジャンカ 著




オバマ米国大統領、広島演説 声明文
第3回目★

Obama Hiroshima-Visit_fc2_201608


外交の力で、紛争を防ぎ、紛争を終わらせる努力を!

We can stop the spread to new nations,
and secure deadly materials from fanatics. 

We must change our mindset about war itself

to prevent conflicts through diplomacy, and 
strive to end conflicts after they've begun;





ピース_薔薇_fc2_201608

平和記念公園・バラ園、「ピース」  

我々は、核兵器が、新たな国に、拡散することを防ぎ、
死の物質が、狂信者に渡らないよう、守らなけらばならない。

我々は、戦争そのものに対する、
考え方を変えなければならない。

外交の力で、紛争を防ぎ、
紛争が起きたら、終わらせる努力をすべきである。





平和の折り鶴01_20160806_fc2


折り鶴で作られた、平和への誓い
8月6日、平和記念公園で撮影。

To see our growing interdependence
as a cause for peaceful cooperation and not violent competition;
to define our nations
not by our capacity to destroy, but by what we build.

And perhaps above all, we must reimagine
our connection to one another as members of one human race.
For this, too, is what makes our species unique.





Obama_Hiroshima_Visit_201605.jpg


国と国とが、相互依存関係を、深めるのは、
平和的な協力のためであり、
暴力的な競争のためではない。

軍事力によってではなく、
何を築き上げるかで、国家を評価すべきだ。


我々は、一つの人類として、
お互いの繋がりのあり方を、
もう一度考えてみるべきだ。
それが、人間が人間たるゆえんだ。





広島平和記念公園_バラ_fc2_201608

薔薇、〝広島平和記念公園″ 

We can learn. We can choose. 
We can tell our children a different story –
one that describes a common humanity;
one that makes war less likely and cruelty less easily accepted. 

我々は、過去から学び、
我々は選択する事ができる。


過去の過ちとは異なる物語を、
子ども達に語ることが出来る。

我々は同じ人間である事、
今よりも戦争が起こり難くする事、
残虐な行為を簡単に受け入れてはいけない事を、
伝える事が出来る。




ピースキャンドル_fc2_201608

ピースキャンドル、広島市立大塚小学校
8月6日、広島原爆ドーム前で、撮影


We see these stories in the hibakusha –

the woman who forgave a pilot who flew
the plane that dropped the atomic bomb,
because she recognized that
what she really hated was war itself;


the man who sought out families of Americans killed here,
because he believed their loss was equal to his own.





平和記念公園バラ園_fc2_201608


我々は、こうした物語を、被爆者から学ぶ。

原爆を落としたパイロットを許した、被爆者の女性は、
憎むべきは、パイロット個人ではなくて、
戦争そのものだと理解したからだ。

この地で亡くなった米国人の家族を、
探し出した被爆者の男性は、自分と同じように、
米国人も、家族を亡くした喪失感を抱えている
と、感じたからだ。

日本語訳、ふみえ

 この続きは、来月のブログで。





原爆資料1_懐中時計_fc2_201608


懐中時計、広島平和記念資料館で撮影

大平数子、「慟哭」

逝った人は、かえって来れないから、
逝った人は、叫ぶことが出来ないから、
逝った人は、嘆くすべがないから、

生き残った人は、どうすればいい。
生き残った人は、何がわかればいい。


生き残った人は、かなしみをちぎって歩く。
生き残った人は、思い出を凍らせて歩く。
生き残った人は、固定した面を抱いて歩く。

『 広島原爆詩集 』






私の所感、第3回目★
「オバマさんの忸怩たる思いに、想いを巡らして」


雨の中のオバマさん3_fc2


原爆投下から71年目。
世界には、1万5千発を超える核兵器が、存在する。

プーチン大統領が、核戦力を強化する姿勢を、鮮明。
ロシアの核弾頭数は、7500発と、増加している。

アメリカは、7260発保有する。
世界の核弾頭数、9割超えを、
アメリカとロシアが占めている。


それに不安を覚える欧州諸国に、軍事力を拡大する中国。
いま最も脅威に感じるのは、
国際テロ組織へ、核が渡ることだ!


世界中で、お互いの国を、「脅威」とみなし、
一層軍拡に走る、「負の連鎖」が生じている。





雨の中のオバマさん2_fc2


核軍縮が難しい世界情勢の中で、
核兵器廃絶に目覚ましい成果が残せない、
忸怩たる思いのオバマ大統領が、

「爆発を伴う核実験の禁止」を、呼びかける、
国連安全保障理事会決議案を提出する方針を、
固めた
旨を、8月6日の新聞で読んだ。

今回の被爆地訪問が、
「核軍縮の機運」を盛り上げる狙いであるならば、


オバマ大統領の、任期残り半年の間に、
アメリカ国内での、「核政策」の見直しを、前進させて、

次期政権に、核廃絶への機運を繋げて貰いたいものだ!





米露関係_fc2


包括的核実験禁止条約に向けて、
核政策の見直しも、大事であるが、

核兵器保持の、「負の連鎖」を、断ち切る為に、
核兵器保有国との「連帯・協力」は欠かせない。

「核の必要のない世界」に向けて、
広島演説の中で強調されたように、

ロシアとの対立関係を、一日も早く、
「平和的な外交」で緩和する努力を、


私は、オバマ大統領に、切に願いたい!


ふみえ





紫陽花_城ヶ崎_fc2_201607


きょうの記事のテーマは、「七夕」「雨」「涙」でした。

7月から今日まで読んだ本から、好きな言葉を引用し、
主に、「3つの涙」を、写真と文章で、表現しました。

人を恋しく想うあまり、切なくなり、流れる、「涙」。
心配・不安・恐怖で、苦しくて零れてしまう、「涙」。
人の優しさや真心に感謝し、心に湧く温かい、「涙」。

恋する涙も、苦しい涙も、嬉しい涙も、
心を元気にするために大切 





アイスランドポピー_fc2_201606


また、きょうのブログでは、
私が創作した2つめの、小さい物語を、
記事に載せることが出来ました。


メイ・ゲアリックさん著、
『雨が降るとき、蝶々はどこへ』を読み、
お話のつづきを考え、作りました。 


ちなみに、1つめは、3月の記事に載せた、
「菜の花や月は東に日は西に」というお話です。


短歌を作るのも好きだけれども、

「小さなお話」も作り、
ブログに載せられるようになりたいです。


ふみえ

アイスランドポピー 
「 陽気で優しい想像力 」





雨の中のオバマさん_fc2


来月のブログは、
私の誕生日にちなんだ内容を、
予定しております。




主な参考文献
里中満智子、『海のオーロラ』

また、お目にかかる日まで、ごきげんよう!






タグ : 大切な人を想って Barack H. Obama たなばた

12:00  |  花の写真と、私の恋  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ポニョさん、温かく、いつも応援してくださりありがとう!

ポニョさん、こんにちは☆

10月ですが、日中暑い日が続いていますが、お変わりありませんか?

> 今回のブログの初っ端の暑中お見舞いの葉書は
> 行書体でとてもきれいに書かれていますね。すごくお上手です!

ブログに、直筆が入ると、温かさが出るかなと思い、

恥ずかしながら、例年通り、葉書を載せました☆(^^)


> ふみえさんのブログはいつもとてもよく出来ていると感心しきりですが、
> 今回のブログもすごいです!

最近、凝り過ぎているせいか、

ブログの更新が、負担になっています。

「自己満足」でやっているとは言え、ブログの更新が、

自分の生き方に、マイナスになる事はナイですが、どんな価値があるのか?

価値が解らないままに、骨を折って一つの作業を、コツコツと続けることは、

結構、しんどいです。

「自分が楽しんで」ブログを更新することが秘訣でしょうが、

月1のペースは、記事を短くしようが、負担は負担です。


※ 同じ負担であるならば、大いに負担をかけてやろうと思い、

自分にとっての、イイ記事を作れるように、頑張っています!



> 今回のブログ「貴方に届くようナミダの糸で私の愛を織りましょう」は、里中満智子さん等の詩歌をうまく展開されて、
> 雨、ナミダの糸で以ってとても上手にふみえさんの愛が織りなされています。


里中満智子さんの、言葉には、「愛・哀しみ・切なさ・幸福」ぜんぶが一体となって

一つの言葉になっていて、私のいまの目標の書き手です!


> 植物公園で撮られた、サギソウ、花菖蒲、紫陽花等の写真はとてもきれいで、
> 梅雨時にすっきりの青、白、紫の色、そしてフラウトシコの優しい薄ピンクの色がすごく素敵です。
> 花は本当に人の心を癒してくれますね。


サギソウは、初めてブログに載せた、お花です!

じっくり気に留めて鑑賞したのも、写真を始めてから、8年位経ちますが、初めてです!

まだまだ、新しい花と出会えるチャンスがあるのは、

物凄く、私にとって喜ばしいことです。(^▽^)/


> オバマ大統領の広島演説での声明文(第3回目の英文、ふみえさんのわかりやすい和訳)等を載せられ、
> 世界平和の、核兵器廃絶の切なる願いがひしひしと伝わって来ました。


「オバマさんの広島演説」も、数回に分けて、

ゆっくり英語の奥深しさを、味わいながら、進めることができ、

これは、ブログをすることの醍醐味ですね。

ただ、同じ話題ばかりをするのは、私自身がこの上なく、嫌いに感じる処なので、

時折、恋以外の、「変化球話題」も良いモノだと思っています。


>「人類の幸せは未来志向で変わる。憎しみを向け合うのではなく、互いに思いやりを持つことが大事」、
>「恋愛、平和のいずれにも通じることで、理屈ではなく、一緒に悩み、考えるという姿勢、相手を思いやる気持ちがとても大事」
> ということを、今回のふみえさんのブログで、あらためて確信いたしました。

新しく言葉を付け加えるならば、


核兵器への怖ろしさは、世界中の誰しもが感じることです。

相手国が核兵器を使うのではないかと畏れ、自国も核兵器を持つのでは、

一向に、恐れは無くならない。

恐れを抱かない方法は、相手国を信用するしかない。

相手国を信用するには、相手とじっくり対話することである。

それを、各国のリーダーが、責任もって、誠実に対話をすることが、

平和に繋がると、私は考えます☆


> ブログの作成は本当にとても大変だとは思いますが、次回もすごく期待していますので、よろしくお願いいたしま~す!


今回は、自由に作っておりますので、

期待に添えるかどうか分かりませんが、

私は満足している出来栄えで、いま記事を作っております。



誰ひとりコメントをくださらない、私の拙いブログに、

毎回、私にとって価値のあるコメントをくださり、ありがとうございます!


ポニョさんが、こうやって応援してくださってくれる間は、

ブログを頑張っていきたいと思います。


ふみえ

ふみえ | 2016年10月09日(日) 15:03 | URL | コメント編集

こんばんは

こんばんは

今年の夏はとても暑かったですね。
今回のブログの初っ端の暑中お見舞いの葉書は行書体でとてもきれいに書かれていますね。すごくお上手です!

ふみえさんのブログはいつもとてもよく出来ていると感心しきりですが、今回のブログもすごいです!

今回のブログ「貴方に届くようナミダの糸で私の愛を織りましょう」は、里中満智子さん等の詩歌をうまく展開されて、雨、ナミダの糸で以ってとても上手にふみえさんの愛が織りなされています。

また、ブログの中に載せられた、植物公園で撮られた、サギソウ、花菖蒲、紫陽花等の写真はとてもきれいで、梅雨時にすっきりの青、白、紫の色、そしてフラウトシコの優しい薄ピンクの色がすごく素敵です。
花は本当に人の心を癒してくれますね。

さらに、ふみえさんが創作された詩歌の「蝶々は、お気に入りの大きな葉に、駆け込み、そこで、ひと休みするでしょう」、「今年の七夕は晴れで、朝から織姫さんと彦星さんが会える、嬉しい!」などは、とてもメルヘンチックで印象に残りました。
そして、ふみえさんの、人を愛することの切なさ、熱き思いが、雨、ナミダとともにすごくよく伝わって来ました。


ブログの後半の、ふみえさんが8月5日・6日と、広島原爆の日に、平和記念公園で撮影された花の写真とともに、オバマ大統領の広島演説での声明文(第3回目の英文、ふみえさんのわかりやすい和訳)等を載せられ、世界平和の、核兵器廃絶の切なる願いがひしひしと伝わって来ました。

そして、前回でもコメントさせて頂きましたが、「人類の幸せは未来志向で変わる。憎しみを向け合うのではなく、互いに思いやりを持つことが大事」、「恋愛、平和のいずれにも通じることで、理屈ではなく、一緒に悩み、考えるという姿勢、相手を思いやる気持ちがとても大事」ということを、今回のふみえさんのブログで、あらためて確信いたしました。


今回のふみえさんのブログも本当によくできていると感心するとともに、ふみえさんのブログによって本当にいろんなことをよく考えさせられます。
ブログの作成は本当にとても大変だとは思いますが、次回もすごく期待していますので、よろしくお願いいたしま~す!
ポニョ | 2016年09月05日(月) 07:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |