fc2アクセスランキング

2016'12.31 (Sat)

貴方を愛する事こそが、私が輝く「初動の源」なのだ!

201612月_手紙01_fc2 





201612月_手紙2_fc2





秋明菊_20161231_fc2 


世界に満ち溢れている、
愛や、真心こそ、


あなたの毎日の生活を、
美しく、楽しくしているのだ。


信じること、希望を持つこと、
愛することこそが、


人を支える、基本的な力なのだ。

ダンテ 『 神曲 』






カラマツ_20161231_fc2


「 子ども心 」
ふみえ、詩


子ども心を、ちらっと私に見せる、
あなたが好き。


子供の頃、どんなヒーロに憧れ、
どんな怪獣を倒したかったのか、


野球は、どんな選手が好きで、
友達と、どんなおふざけをして、叱られたのか、


思い出話しをしながら、
ほほ笑んでいる、貴方を見ていると、
私の心にも、子ども心が湧いてきて、
楽しくなる!



カラ松_20161231_fc2



子供の頃の、あなたの思い出の中に、
私がいないことが、ちょっと悔しい!


だからね、
小さい頃に、あなたが好きだったモノから、


いま私が、1つ2つ、それらを好きになり、
こっそりと夢中になり、楽しんでいるのよ、


お気づきだったかしら、あなた。


カラ松、花言葉 
「 黙契秘旨 」

おおの自然観察の森






クラモワジスペリオール_チャイナローズ_fc2


「 子供時代 」
茨木のり子、詩

 
その人の、子供時代に、思いを馳せるのは、
すでに好意をもったしるし。


目ばかりでかい子だったろうな。
さぞやポヤンでありましたろう。


ほほ笑みながら、
もっと、いっぱい聴きたくなるのは、


好意以上のものの兆し
はじめた証。


詩の一部引用
ふみえ 編集






大サギソウ_201612_fc2


愛、光、神は、すべてにおける、
初動の源なのだ。


愛が、すべてを動かしている。
魂は、個人的な存在ではない。


1つの存在が、
その他すべての存在に関わっており、


誰かを思う気持ちや、
愛があってこそ、魂は浄化される。


ダンテ 「神曲」



大サギソウ、花言葉 
「いつまでもあなたと一緒にいる!」






宮島_弥山_登山口_201611_fc2 



「 竹トンボ 」
小島禄琅、詩


両方の掌で、エンジンをかける。
掌を擦り合せて、僕の心をねじ込む。


じっとしていられない、竹トンボは、
竹トンボではない。


生き物になって舞い上がり、
青く澄んだ空へ、雲の中へ。


高さを喜ぶように、羽を光らせ、
僕を吸い込んで、舞い上がる。


宮島弥山_不消霊火堂_201611_fc2 


竹トンボ飛べ!


僕の願いさながらに、
僕を乗せ、夢を描いて、飛べ、
高く、高く、飛べ!



詩の一部引用
ふみえ 編集




宮島、弥山

弘法大師空海御修業、
護摩の火「不消霊火堂」






弥山の青空01_201611_fc2 


「希望」
小島禄琅、詩

僕の中に、「バッタ」みたいに、飛ぶものがあった。

花びらのように舞うものがあった。
雲のように、流れるものがあった。


太陽の眩しさのせいばかりではなく、
不思議なことに、涙が滲んだ。




チェッカーズ_ダリア_201612_fc2



空を横切っていくものが、
みんな「希望」に見えたからだ。


それを見ていた、
僕までもが、輝いて見えたからだ。


「希望」とは、
鳥のように、風のように、蝶々のように、

キラキラして、青い空へと、
舞い上がっていくものなのだ。



詩の一部引用、
ふみえ 編集



宮島弥山、山頂 

ダリア 「チェッカーズ」  
世羅高原農場 






赤とんぼ2_201610_ベニマンサク湖_fc2



遠山が
目玉にうつる とんぼ哉


小林一茶

赤とんぼ、アキアカネ
おおの自然観察の森






綿2_201610_fc2



秋の夜や
旅の男の 針仕事


小林一茶

綿の実、花言葉 
「 私を包んでください 」






マダムジョセフシュワルツ_201612_fc2


ことし私は、色んなジャンルの本を、読みました。

アランやニーチェの哲学書、
ブッダの 『 般若心経 』、
福沢諭吉の 『 学問のすすめ 』。


清少納言の『枕草子』と、
宮沢賢治の物語に夢中になり、


第二次世界大戦、主に、
ドイツの歴史を勉強しながら、平和について考えました。



ティ系ローズ「マダム ジョセフ シュワルツ」、広島市植物公園
花言葉 「 気品 」 






宮島_弥山_お地蔵さま_201611_fc2


また、私の新しい趣味である、
「登山」に関係する本を読み、


人間や動物の体について本で勉強しました。

ミケランジェロや、レオナルド・ダ・ヴィンチの
生き方を通して、自己表現力の在り方を学び、


モーツァルトやベートヴェンが曲に込めた、
愛や哀しみを、体で感じ、想いに心を寄せ、


茨木のり子や、石垣りん、高村光太郎の詩から、
「言葉で芸術を生み出せる」ことを知りました!




お地蔵さま、宮島弥山、山頂付近 






201612月_手紙03_fc2





主な参考文献 

小島禄琅詩集、『 海を越えた蝶 』、銀の鈴社



ダンテ 『 神曲 』 まんがで読破(イーストプレス)
永井豪 『 ダンテ神曲 上・下巻 』、講談社漫画文庫










23:58  |  写真  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ポニョさん、今年もどうぞ宜しくお願いします!

ポニョさん、新年明けましておめでとうござます。

ご無沙汰をして申し訳ありません。

年末からきょうまで、心身の体調が芳しくなく、
今月になり、少し上向き調子になり、現在に至ります。

> きれいな便箋にきれいな字で上手にまとめられ、感心しました。

便箋がとても素敵でしょ!

綺麗な字と、褒めてくださり、凄く嬉しいです!!


> 特に、大サギソウは、白鷺が翼を広げて大空に勢いよく飛翔している様で、
> そして、遠近の構図もよく撮られて、とてもすばらしいと思いました。

このオオサギ草の写真を撮った時は、

ダンテに関心があって「神曲に相応しい」花はこれだ!と思いました。


構図がイイと褒めてくださり、ありがとうです!


> 憧れている人、好きな人がいて、愛することこそ、希望を持って、
> 自分のさまざまな行動を突き動かす大きな力となり、
> つまり初動の源になるということを、
> 写真と文章でとてもうまく表現されています。


私自身が、実際に、私の身近に居る「他者の影響」で、
「私自身が変化する」事は、滅多にナイので、

私にとっては、恵まれた出会いであるのだと思っております。

また、私の心を突き動かすような他者が、身近にほとんど居ないので、

そこが、かえって、私にとってオモシロく楽しいです!


> また、本当に、『言葉で芸術を生み出せる』ということをよく実感させていただきました。


茨木のり子さんや、石垣りんさん、
高村光太郎さんの詩を読むと、

ある特定の心情描写を、

いかに短い言葉で、サクッと、

センスある「言葉」で、キャンパスに描いていくのか、

詩の中の、★言葉の色彩や、言葉で表すニオイ、体感温度が、

生々しくて、「言葉の芸術」を感じます!


そういう作品を、これからは読んでいきたいです!

> 昨年1年間のふみえさんのブログは、とても興味深く、
> 楽しく、また、色んなことをよく考えさせていただけるブログでした。


読者がほとんど居ない、私のブログにいつも、親身になってくださり、

今年も、このブログを続けられていけられるように、

応援してくださると、心の支えになります!


> ブログの作成は本当にとても大変だとは思いますが、よろしくお願いいたします!

私こそ、いつも過分なお褒めを頂戴し、

大変励みになっております。

今後ともよろしくお願いいたします。


2017年3月10日

ふみえ


心を込めて!


ふみえ | 2017年03月10日(金) 00:41 | URL | コメント編集

こんばんは

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

冒頭の便箋に書かれていますが、昨年1年間、ふみえさんは吸収された知識をもとに、表現する力を培われ、憧れている人の考え方を取り入れて、ご自分が変わっていくのを楽しまれたのですね。
そして、今年は、心を整えて新しい目標に力を注がれるとのこと、とてもすばらしいです。また、きれいな便箋にきれいな字で上手にまとめられ、感心しました。

今回のブログに載せられた花々等の写真も、いずれもきれいによく撮れていますね。
特に、大サギソウは、白鷺が翼を広げて大空に勢いよく飛翔している様で、そして、遠近の構図もよく撮られて、とてもすばらしいと思いました。
また、宮島弥山の石段や頂上風景等もとてもきれいによく撮れています。

今回のふみえさんのブログのテーマは、『貴方を愛する事こそが、私が輝く「初動の源」なのだ!』ということですが、憧れている人、好きな人がいて、愛することこそ、希望を持って、自分のさまざまな行動を突き動かす大きな力となり、つまり初動の源になるということを、 写真と文章でとてもうまく表現されています。そして、本当に言われる通りだなあと思いました。

すなわち、ふみえさんは、昨年1年間、色んなジャンルの本を読まれ、音楽を聞かれて、吸収された知識をもとに、表現する力を培われ、憧れている人、好きな人の考え方を取り入れて、色んなことを考えられて、ご自分が変わっていくのを楽しまれたのですね。
特に今回のブログでは、小島禄琅の詩集「竹トンボ」等やダンテ の「神曲 」 を引用され、ふみえさんの方でうまく編集されて、今回のブログのテーマの、『貴方を愛する事こそが、私が輝く「初動の源」』についてとてもわかりやすく説明されています。
したがって、言われていることはよく理解できて、とてもすばらしいと思いました。
また、本当に、『言葉で芸術を生み出せる』ということをよく実感させていただきました。

昨年1年間のふみえさんのブログは、とても興味深く、楽しく、また、色んなことをよく考えさせていただけるブログでした。今年もすごく期待しており、応援させていただきますので、ブログの作成は本当にとても大変だとは思いますが、よろしくお願いいたします!
ポニョ | 2017年01月10日(火) 01:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |