fc2アクセスランキング

2017'03.10 (Fri)

あなたは、私の心を、 清らかな高みへ、導いていく!

「道程」_ふみえ書_20170310_fc2  





2017_2月_宮島紅葉谷公園1_fc2 


「道」は「変化」だ。
道の人は、
変化を「友」として遊ぶ。

荘子

宮島、紅葉谷公園、11月





白梅01_縮景園_201702_fc2 


どんな人でも、どんな人生にも、
「光が射す」瞬間がある。

心に灯った光は、
決して消えない。
消しちゃいけない。


それが、
「生きる」に、
繋がって行くんだ。

水橋 文美江、脚本
映画「ホタルノヒカリ」
ふみえ、編集


白梅、縮景園





ダリア_僕の夢01_fc2_201702


「あなたは絶対才能があるわ!
だって私が選んだ人ですから」


女の性は、男の精を、とりこみ、
育み、未来へと、繋がっていく。


菊治はいま、自分が信じられぬほど、
至福にいることを実感する。


一人の女にこれほど、
愛され、認められ、尽くされたら、

もはや何もいうことはない。


これだけで、生きてきた、甲斐がある。

渡辺淳一『 愛の流刑地 下 』
ふみえ 編集




「僕の夢」 
ダリア、世羅高原農場





2017年2月_メジロ01_fc2


高村光太郎

僕があり、あなたがいる。

僕は自分の快さが、
あなたの快さである事を感じる。


自分が伸びてゆくのは、
あなたが育ってゆく事だと思っている。




2017年2月_メジロ02_fc2


僕が、活力に、満ちてるように、
あなたは、若々しさに、輝いている。

僕にとって、
あなたは新奇の無尽蔵だ。


僕らは高く、どこまでも高く、
僕らを押し上げてゆかないではいられない。


何といふ光だ。何という喜びだ。

詩「僕ら」一部引用



メジロ、縮景園





2017年2月_ウグイス_fc2 


ゲーテ

彼女のすばらしい魂を
眼の前に見ていると、

自分が自分以上のものに思われ、
僕の魂の「どんな力」だって
僕は引き出すことが出来た。

ふみえ改訳

『 若きウェルテルの悩み』
新潮文庫 13頁 参考


ウグイス、縮景園






2017_2月_宮島紅葉谷公園2_fc2


人生は
「つながり」の中でこそ、
開花する。

どんなに優れた才能を、秘めていようとも、

自分を「認めてくれる人」がいるからこそ、
人は 自分らしく 生きられる。


フランクリン・コヴィー・ジャパン
『 まんがでわかる 7つの習慣3 』


広島市植物公園、11月





3月10日の手紙_2017_fc2






白梅2_20170310_縮景園_fc2 


きょうの記事の写真、
梅の花は縮景園、紅葉は宮島です。


息が冷たい寒空の下、
1つ2つ花が咲く早咲きの梅から、
優しく上品な、春の香りがします。


私はこの頃の梅の木が大好きです。





お雛さま_20170303_fc2


私のお雛さまです。

今年も、部屋に飾り、
自分の健やかなる成長を自分で祈りました。


お雛さまを眺め、過ごしておりますと、

女性らしい「おっとり」とした「優雅さ」を
心がける事の大切さを気づかせてくれます。


好きな人、大切な人と過ごす時、
雛人形のように「愛らしい華」、
和み女子になれるよう努めます!





おひなさま_20170303_fc2


姿形は変わろうと、
捨ててはならぬものがある。

それも文明ではござらぬか。

浅田次郎

映画 「柘榴坂の仇討ち」






2017おせち料理_0310_fc2






だて巻_2017年お正月_fc2


伊達巻き
調理時間:30分

2017年12月27日、
「きょうの料理 技あり おせちセクション」を
観ながら、作りました。


講師、堀江ひろ子さん





だて巻き_オーブンで焼いた直後_2017104_fc2


1.オーブン用の紙を、30cm×30cmに切る。
2.四方を折り、型を作る。


3.ミキサーに、卵2個、はんぺん1枚、砂糖大さじ1・
  みりん大さじ2・塩1つまみを入れる。
4.生地を、手作りした型に流し込む。

5.オーブントースターで10分焼く。
6.熱い生地を、巻きすで、クルクル巻いていく、完成!


 食した感想:

砂糖を、もう少し入れると、甘くて美味しいでしょうから、
来年はそのように作ります!

http://www.kyounoryouri.jp/recipe/3275_%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A0%E3%81%A6%E5%B7%BB%E3%81%8D.html





紅白なます_2017お正月_fc2


紅白なます
調理時間:1時間


1.大根を切り、塩をまぶし、置く。
2.ザルに移し、水洗い。
3.大根を、ガーゼに包み、ぎゅっぎゅ、水気をよく絞り切る。
4.人参も大根と同じ、1~3の工程を行う。
5.だし汁を作り、他の調味料を加え、完成。

前々年の12月末に録画した「きょうの料理」を観ながら、
「つきぢ田村」料理長、田村隆先生に習い、作りました。

作り方のコツは、2016'01.15の記事に、載せました。



お正月料理は、来月につづく





樹氷_201701_fc2


皆さん、こんにちは。
ご無沙汰しております。


1月15日、私が住む広島市は、 
強い寒気が入り込み、33年ぶりに、
19cmを記録する大雪になりました。

寒さは漸く落ち着き、この頃は、
陽が照る日中は、厚着せずとも、
心地よく過せる事が嬉しいです。





寒椿1_2017_fc2


浅田次郎

ひたむきに生きよ。

雪の中の椿の花を見ていると
そんな声が聞えてくる。


凍てつく寒さの中、
雪に埋もれても、


ただひたむきに生きよ。


映画 「柘榴坂の仇討ち」

寒椿、縮景園 





日本水仙1_201701_fc2


新田次郎

雪を背負って登り、
雪を背負って帰れ。


「背負う」というのは、
物を背負うという意味だけではなく、
「かかわりを深くする」
という意味でもある。


『 劔岳、点の記 』
275頁



日本水仙、縮景園





近況報告_2月_2017_fc2






3月の近況報告A_2017_fc2






新田次郎
『 劔岳、点の記 』
129頁、387頁

人間のやれる事はおよそ決まっている。
出来ないものは出来ないのだ。


蝋梅1_縮景園_fc2


道が分からなくなった時は、
動かない方が良いと、覚悟を決め、

草の上に坐り、雲の動きを見つめる。
あまり突きつめて考えない。

蝋梅、縮景園 






蝋梅02_縮景園_fc2


水無昭善

先のこと、不安なことが、
頭に浮かんで来たら、


考えても、考えなくても、結果は同じ!と
何度も唱え、言霊を味方にする。


そう思えるようになったら、心が楽になるはずよ。

むやみやたらと不安になるより、
今を精一杯生きること!


ふみえ 要約
『別れ際に「ありがとう」て言えれば最高よ』






福寿草_201702_fc2


浅田次郎

苦労は、忘れてゆかねばならぬ。
頭が忘れ、体が覚えておればよい。

『五郎治殿御始末』

福寿草、花言葉
「 幸せを招く 」





正月飾り_201701_fc2


「お正月飾り」  私の家の玄関


昨日までの苦労を、今日また背負わない。
「一日の苦労は一日にて足れり」

あなたが悩みを乗り越え、成長したいのであれば、

昨日の考えは、今日には一新させて、
毎日を新しく、毎日を門出と考る。


新しい気持ちで、日々を迎える事は
成長する上でとても大切な事です。


『明日のためにできること』
PHP研究所編集、
ふみえ要約





おひな様ケーキ_fc2


私が幸せを感じる10のこと!

初雪。春の訪れ。誕生日。
ピカピカの台所。お雛様。


お花がたくさん咲くベランダ。
新しいスニーカーと登山靴。 


好物をお腹いっぱい食べること。
布団の中で送るおやすみメール。

私を受け止めてくれる人がいること。

ふみえ

リサ・スウェーリング、ラルフ・レザー 著
『 HAPPINESS IS...幸せを感じる500のこと』






宮島紅葉谷公園_201611_fc2


武者小路実篤、89歳

人生は楽ではない。
そこが面白いとまあしておく。


人は一生、分からないながら、
苦しみ、楽しみ、希望を失わずに、
生きてゆくのである。


大変だ、分からない、
そこが人生の面白い処とし、


この世に生きてゆく事を、
出来るだけ、面白い事と、思う。


『武者小路実篤画文集』 求龍堂

ふみえ要約 

宮島、紅葉谷公園





宮島紅葉谷公園2_201702_fc2


水の流れる川にも、
淵があり、瀬があります。


人生にも、苦しい時、
良い時が、あるでしょう。


樋口一葉





宮島紅葉谷橋02_201611_fc2


人の一生は、重荷を負うて、
遠き道を行くがごとし。


急ぐべからず。

徳川家康





僕の夢_ダリア_20170310_fc2


末ながく、
この世の「希望」を捨てずに、


難儀な中にも、

勇気を持って、
お暮しなさい。


高村智恵子



ダリア「僕の夢」 





道程_新年の挨拶_ふみえ書_fc2







主な参考文献

渡辺淳一『愛の流刑地 下 』/ 幻冬舎



高村光太郎 
『恋文―画集・智恵子抄』1996年/講談社
『智恵子 その愛と美』1997年 /二玄社
『美に生きる』1998年 /二玄社



加島祥造 『求めない』『受いれる』




23:55  |  花の写真と、私の恋  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ポニョさん、心のこもったコメントありがとうございました!

こんにちは、ポニョさん☆

3か月間、御無沙汰をしてしまい、ごめんなさい。

ようやく、ブログを更新する準備が整いました!


>「今回のブログとてもよく出来ており、すばらしいです。 」

この3月に更新したブログは、

○「徳川家康」
●「愛の流刑地」
○「高村光太郎・智恵子夫妻」を
●「劔岳、点の記」

この4冊を読んで、本の中から、

★ いまの「私の恋心」に近いものを選び、
それに「相応しい」花や景色を、写真に撮りました。


=================================

「人の一生は、重荷を負うて、
遠き道を行くがごとし。
急ぐべからず。」
徳川家康

ブログの最後から、3枚目の、
見知らぬおじいちゃんの写真は、ワタシのお気に入りです!


=================================

「まず、最初と最後の色紙などはとてもきれいな字で」

★ 「ハガキ」に書きました!

行が多いので、結構大変でした。

どうしても、高村光太郎の詩を、自分の字で書いて載せたかった!

だけれど、「愛の流刑地」とどう繋がりを出すかが、一番大変でした☆


=================================


「お正月料理は作り方もわかりやすく説明されて、きれいに料理を作られ、美味しそうですね。」

伊達巻きが作れるようになりました!

市販は、500円くらいするので、
もう買わなくて済むから、嬉しい!


=================================


「人の生き方や、人を愛して、愛されることの意味などを、
いろいろな人の言葉、詩を引用されて、とても上手に表わされていると思いました。 」

今回のブログのテーマは、
記事に書いて無かったですね(笑)

「僕にとって、
あなたは新奇の無尽蔵だ!」

これを、一番の主軸にして、書きました。



=================================

ワタシが、快さを感じるのも、
ワタシを、高く押し上げていくのも、

私と相性が合う人であれば、
どなたにも、皆に同じく、「無尽蔵」を感じるわけではありません。

何が違うのかというと、
★ その人に相応しい人物になりたいか!っていう、恋心です。

★ 畏れる気持ち

★ 唯一無二

★ 精神的に、女性の私が、甘えたいと思うか。


=================================

ニーチェ、ゲーテ、徳川家康、高村光太郎、には共通して、
★ 私は、男の見栄を感じない、上から目線を感じない。

虚勢を張る人、強気を装う人は、大嫌いだから!

※ 尊敬は、男が女にそう思わせようとして働きかけても、
無理です。かえって、薄っぺらさを感じます!


=================================

>>> お互いに、「自分を認めてくれる人がいるからこそ、
人は自分らしく生きられる。」ということですね。


※ 自分の「弱さ」を汲み取って、包んでくれる人がいるからこそ、
「本当の自分を見失わずに」、生きられるです。



=================================


>>> 難儀で楽ではない、重荷を背負って行くようなこの人生を、
何事も、無理をせずに、焦らずに、考えすぎないように、
不安がらずに、自然体で、日々新しい気持ちで、希望を持って、
日常の幸せ、面白いこと、生きがいを感じながら、精いっぱい生きて、成長していくということですね。


※ 難儀な「世の煩い」から、「逃れられる」
「憩いの人」「憩いの場所」が、


ワタシにあるからこそ、

重荷を背負って行くような人生を、
孤独にならず、不安に押しつぶされずに、

明るい気持ちで、進んでいけるということを、
ブログで、表現しました。


=================================

「今年の冬は、最近になく大雪が積もったところもありました。 」

ごめんなさい、ポニョさん。

冬が終わり、春も終わり、夏になりますね、
2つ季節が終わってしまいました。


「身体に気を付けられ、
また頑張って次もすばらしいブログを作られることをとても期待しております。」


ありがとうございます!

この3か月、
書きたいテーマが、全く見つからず、

気持ちをリセットして、
初心に帰り、

いま一番書きたいことは何かを、
>>> 等身大の私の心を、単眼鏡で、観察して、新しいブログを書きました。


では、
またやりとりできることを、心待ちにしております。

ふみえ

2017.0614

ふみえ | 2017年06月14日(水) 13:50 | URL | コメント編集

こんばんは

こんばんは
お久しぶりです。お元気そうで何よりです。
今回のブログもとてもよく出来ており、すばらしいです。

まず、最初と最後の色紙などはとてもきれいな字で、とてもいいことが書かれているので、痛く感心しました。
また、掲載された縮景園の梅の花、宮島の紅葉などの写真も、とてもきれいに構図もよく撮られていますね。
更に、お雛様も、お正月のお飾りもとてもきれいに飾られて、正にこれが日本の心、文化、文明だと思いました。
そして、お正月料理は作り方もわかりやすく説明されて、きれいに料理を作られ、美味しそうですね。

今回のブログのタイトルに挙げられましたテーマについては、人の生き方や、人を愛して、愛されることの意味などを、いろいろな人の言葉、詩を引用されて、とても上手に表わされていると思いました。
つまり、人は、一人で生きているのではなく、他の人とひたむきに大きく背負って(かかわりあって)、つながりあって、また、人に大きく影響を与え、人から大きく影響を受けて生きており、それによって力が引き出され(つまり、前回のブログに書かれました「初動の源」ですね)、自分も他の人も成長していくということをとてもわかりやすく、示されています。
しかも、それは、お互いの心・魂が、良い方向に、高みの方向に導かれないといけない、そのようにならないと意味がないということですね。
そのためには、お互いに、「自分を認めてくれる人がいるからこそ、人は自分らしく生きられる。」ということですね。
そうすることで、人は生きがいを感じ、楽しい気持ちになり、幸せを感じ、次なる行動の力が生じるものなのですね。
そして、難儀で楽ではない、重荷を背負って行くようなこの人生を、(人のできることはおおよそ限られているので、)何事も、むやみやたらに、無理をせずに、焦らずに、考えすぎないように、不安がらずに、自然体で、日々新しい気持ちで、希望を持って、日常の幸せ、面白いこと、生きがいを感じながら、精いっぱい生きて、成長していくということですね。
以上のように、私は解釈しましたが、私も全くその通りであると思いました。

今年の冬は、最近になく大雪が積もったところもありました。
まだまだ寒い日もあり、風邪やインフルエンザにかかられぬように、今時はやりの花粉症がひどくなられないように、身体に気を付けられ、また頑張って次もすばらしいブログを作られることをとても期待しております。
ポニョ | 2017年03月12日(日) 18:27 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |